就業規則の見直しと改訂の実務

セミナーID S1910OK5601
セミナー名 就業規則の見直しと改訂の実務
日時 2019/10/18 10:00~17:00
内容 1.就業規則の基礎知識
(1)そもそも就業規則とは
(2)就業規則が効力を持つためには  etc

2.実態に合わせた就業規則を改訂する
(1)コンプライアンスの時代とは
(2)自社の実態に合わない規定は労使双方の不利益に
(3)ハラスメントは対応より防止が大事

3.時代背景や法律等の変化への対応
(1)休職、休日に関する規定
㈰精神疾患を理由とした休職・復職・休業
㈪育児休業の取得要件・期間・短時間勤務
㈫振替・代休と割増賃金
㈬管理監督者等の労働時間・休憩・休日
(2)賃金・残業・残業代に関する事項
㈰“みなし残業手当”を運用するときのリスク
㈪割増賃金単価は正しく計算されていますか?
㈫60時間以上の時間外労働の割増賃金 
(3)解雇(普通・懲戒)に関する事由
  ㈰懲戒解雇と普通解雇の違い
㈪職能資格制度等における降格規定
㈫懲戒解雇と退職金没収
㈬減額規定
(4)雇用型テレワークのガイドライン
(5)海外出張・転勤・出向の規定
(6)多様化した雇用形態・就業形態と就業規則   
㈰高年齢者の継続雇用規定
㈪パートタイマー ・フルタイマー(期間雇用者)
の取扱い 無期転換への対応
㈫正社員の種類(地域限定、職務限定など)に
よる違い etc
(7)その他
㈰健康診断等の規定
㈪ストレスチェック制度について

4.労働条件の不利益変更の実務ポイント
(1)不利益変更とされる労働条件とは
(2)不利益変更の手続はどう進めるのか etc
5.働き方関連法案への対応
(1)時間外労働の上限規制
(2)中小企業の割増賃金率引き上げ
(3)年次有給休暇の付与義務
(4)同一労働同一賃金 など
講師 講師名 社会保険労務士法人みらいコンサルティング 代表社員 森田 穣治 氏
プロフィール 特定社会保険労務士。慶応義塾大学卒業、大手百貨店を経て、2003年に現みらいコンサルティング株式会社に入社。2007年から現職。従業員数名のベンチャー企業から、上場企業まで、さまざまな業種、規模の企業の人事労務改善コンサルティングを実施。特にIPO(株式上場)準備会社の労務改善支援の実績多数。トラブルを未然に防ぐ具体策は評判が高い。
対象 管理職・人事スタッフ
分野 人事
会場 沖縄産業支援センター (会場は当日電光掲示板にてお知らせします。)
沖縄県那覇市字小禄1831番地1
受講料(※会員以外) 会員企業様:無料
非会員企業様:¥20,000(税抜)
特記事項 開場は、セミナー開始20分前になります。参加の際は、名刺をご持参下さい。
  • このセミナーに申し込む(会員)
  • このセミナーに申し込む(会員以外)