メール営業力アップ講座

セミナーID S1909OK1801
セミナー名 メール営業力アップ講座
日時 2019/09/18 14:00~17:00
内容 はじめに

① なぜメール営業が必要なのか
② 本題に入る前に伝えたいとても大事な話
③ 実際のメールで読み解く営業メールの問題
④ 営業4つのタイプ
⑤ 問い合わせをするお客さまの行動、心理
⑥ 営業プロセスを考える
⑦ 成功するメール営業のポイント
⑧ メールで与えるべき印象


第1部 基礎を守った正しい営業メールのコツ

① 一般的なメールボックス
② 問い合わせは同時に行われる
③ 開かれる件名とは
④ 開かれる件名の一例
⑤ 送信者名(差出人)
⑥ 宛先(TO,CC,BCC)
⑦ 営業メールの基本型
⑧ 宛名の書き方
⑨ 挨拶の書き方
⑩ 名乗りの書き方
⑪ 警戒心を解きメールを読んでもらうために
⑫ 要旨の書き方、文例
⑬ 詳細の書き方
⑭ 伝わらない文章の例
⑮ 結びの挨拶の書き方
⑯ 署名の書き方
⑰ 署名の例(情報提供型)
⑱ 読みやすい本文のコツ


第2部 選ばれるためのライティングテクニック

① 冒頭の書き出しは○○でスタート
② 営業メールで使わないほうがいい言葉
③ プロとして使うべき言葉とは
④ 誤解を招く可能性がある言い回し
⑤ へりくだりすぎない
⑥ すぐに使える!依頼の言葉
⑦ 予告メールの例
⑧ 行動する理由を作り出す
⑨ 強みは言葉にしなければ伝わらない
⑩ ○○する理由を考える
⑪ 交渉に強くなる承諾、依頼
⑫ お客さまの発言の深部に目を向ける
⑬ メールの処理のルールを決める
⑭ 返信が遅れてしまう理由
⑮ 相手に不快感を与えない言い回し


第3部 営業シナリオの再構築

① タイミング&回数
② 回数×タイミング(セミナー講師の事例)
③ 回数×タイミング(システム営業の事例)
④ 回数×タイミング(不動産会社の事例)
⑤ 営業プロセスを図に落とし込む
⑥ 新規アポイント獲得のためのメールを送る
⑦ 平野友朗が実際に送ったファーストメール
⑧ 平野友朗が実際に送ったお礼メール
⑨ 電話予告のメール
⑩ 毎月の接触頻度を上げるメルマガ
⑪ シナリオ管理のポイント
講師 講師名 株式会社アイ・コミュニケーション  代表取締役 平野 友朗 氏
プロフィール 1974年生まれ、群馬県立高崎高校卒業後、心理学に強い興味を持ち筑波大学(認知心理学専攻)へ進学。人の心に残る仕事をしたいという思いから中堅広告代理店へ就職。5年半の在籍中に、営業・経理事務全般・インターネットマーケティングなどを積極的に学ぶ。 勤務先が倒産し、2003年5月メルマガのコンサルティング会社を創業。テレアポや飛込みなどの営業行為を全くせずに3年で顧客数3,500社の顧客を獲得。コンサルティング活動、メール相談、講演会などで関わったメールマガジンは2,000誌以上、1万人規模のメールマガジンを100誌以上プロデュース。現在はメルマガコンサルタントの仕事以外に、HPの制作、広告代理業務、出版プロデュース、研修、執筆など幅広い事業を展開している。
対象 その他
分野 営業
会場 沖縄産業支援センター (会場は当日電光掲示板にてお知らせします。)
沖縄県那覇市字小禄1831番地1
受講料(※会員以外) 会員企業様:無料
非会員企業様:¥10,000(税抜)
特記事項 開場は、セミナー開始20分前になります。参加の際は、名刺をご持参下さい。
  • このセミナーに申し込む(会員)
  • このセミナーに申し込む(会員以外)