【全3回】 簿記・経理事務の基礎実務①

セミナーID S1806OK3101
セミナー名 【全3回】 簿記・経理事務の基礎実務①
日時 2018/06/08 10:00~13:00
内容 1.簿記の基礎を理解する
・簿記の意味、目的、利用者とは?
・簿記の流れと、「資産」、「負債」、「資本、「収益」、「費用」の基本的考え方
・取引から仕訳、勘定科目を理解する

2.現金取引を中心に仕訳のルール を理解する
・現金出納帳を理解する
  演習 現金出納帳の記載
・現金出納帳に相手科目を記載することが、仕訳の第一歩
・現金が増加するときの仕訳と、現金が減少するときの仕訳のルール

3.仕訳から総勘定元帳への転記~帳簿を理解する
・取引を仕訳し、仕訳帳を作成する
  演習 仕訳の作成
・仕訳帳から各勘定口座へ転記する
・総勘定元帳を理解する

4.売上・仕入取引に関する簿記の流れ
・現金決済での売上と“掛け”による売上の仕訳処理
・現金決済での仕入と“掛け”による仕入の仕訳処理

5.貸借対照表・損益計算書の基本的な仕組み
・試算表から貸借対照表と損益計算書への流れ
・貸借対照表を構成する「資産」と「負債」、そして「資本(純資産)」の意味
・損益計算書を構成する「収益」と「費用」、そして「純利益」又は「純損失」の意味
講師 講師名 井上尚信税理士事務所 税理士 井上 尚信 氏
プロフィール 関西学院大学商学部卒。大手会計専門学校において税理士試験講座の講師として消費税法を担当し活躍、テキスト作成や新人講師の指導役として後輩指導にもあたる。
その後大阪市中央区の大手税理士事務所にて5年間勤務し、法人から個人までの顧問先で幅広い業務を担当し、また相続税の申告書作成にも従事する。
税理士試験合格後、税理士登録を経て平成14年11月に独立開業し、「井上尚信税理士事務所」を設立。
現在、大阪市の関与先を中心に法人から個人までの税務申告などの税理士業務を行い、また、簿記や法人税・消費税などのセミナー講師としても活躍中。
対象 新入・若手社員
分野 経理・財務
会場 沖縄産業支援センター 3F会議室
沖縄県那覇市字小禄1831番地1
受講料(※会員以外) 会員企業様:無料
非会員企業様:¥10,000(税抜)
特記事項 開場は、セミナー開始20分前になります。参加の際は、名刺をご持参下さい。
  • 当セミナーは満席となりました。